ハウスメーカーの特徴とは

一言でハウスメーカーといっても様々な会社がありますが、それらに共通する特徴としてまず挙げられるのは、街の工務店などと比べて、全国展開をしているような大企業が多いという点です。財務体質が堅牢であるところが多いため、よほどのことがない限りは倒産リスクを懸念しなくて済みます。また、それ以外に、長年にわたって注文住宅のノウハウを蓄積しているところがほとんどであるため、一定水準以上のクオリティを期待できるという点もハウスメーカーの特徴であると言えるでしょう。もちろん、最終的な建物の仕様については施主の方で確認する必要はありますが、基本的にはメーカーの方で家づくりの流れをリードしてくれますので、安心して家造りを任せることができるはずです。

ハウスメーカーのメリットとデメリット

ハウスメーカーに依頼して注文住宅を建てるメリットは、何と言っても、経営基盤が安定しているため、長期にわたって建物のアフターサービスを安心して任せられるという点です。建物は建てただけで終わりではなく、長く住み続けるには継続的なメンテナンスが欠かせません。財務体質が堅牢なハウスメーカーであれば、倒産リスクが低いので、長くお付き合いできるというわけです。一方、ハウスメーカーのデメリットは、建築費用が高くなりがちであるという点です。ただし、建物のスペックを必要最低限にするなどの工夫によって、ある程度は建築費用を抑えることは可能です。また、メーカーの中にはローコスト住宅を得意にしているところもあるので、値段にこだわるならそういったところを選ぶのも一案です。