工務店の特徴と依頼するメリットとは

工務店と一言で言ってもその規模はさまざまです。ただ、多くの場合ハウスメーカーより経営規模が小さく、経営効率を良くすることを目的に、サービスの提供を特定の地域に特化していることが多いという特徴があります。そんな経営規模が大きくない工務店ゆえ、社長や経営陣の考えがそのまま現場に反映されがちです。そのこだわりポイントが自分の価値観にあっているかを事前に確認する必要があります。

なお、規模を活用した規格商品を安く提供することを得意としているハウスメーカーと違って工務店が手掛ける家は、顧客に応じた一品生産が基本です。そのため、細かいところまで融通が利き、間取りや構造など細かいところまで自由度の高い設計をお願いできます。また、一品生産でありながら広告費や経費の無駄を省くことで、リーズナブルな価格で家を建ててもらえることが多いところも工務店ならではのメリットです。

工務店に依頼するデメリットとは

一品生産が売りである工務店が作る家の品質は、一定ではありません。そのため、最悪の場合欠陥住宅が出来上がってくる可能性すらあります。工務店が手掛ける家は、大工さんの腕によって出来上がりが全く違ってきます。その工務店の、さらに言うなら自分の家を担当する大工さんが信用できる人かどうか自分の目でしっかりと見極める必要があります。また、自由度の高い理想を詰め込んだ家を建てられる分だけ、メンテナンス時に費用がかかりがちな点にも注意が必要です。良い工務店であれば設計段階でメンテナンスに対して何らかのコメントをくれることが多いものの、必ずしも指摘してくれるとは限りません。メンテナンスにどのくらい手間がかかるかを事前に必ず確認するようにしましょう。

建築メーカーや工務店など各社が出している建築実例は、実際に建てられた住宅を画像や動画で探すことができて、住まいづくりの参考にできます。