腕利きの建築士に理想の住宅をデザインしてもらえる

設計事務所に依頼をして注文住宅を建てる際は、ハウスメーカーのように営業担当者を通すことなく、直接腕利きの建築士に希望を伝えて理想の住宅をデザインしてもらえるといったメリットがあります。各地で評判が良い設計事務所の中には、過去に専属の建築士が手掛けた注文住宅の一例をホームページやブログ、SNSなどに掲載したり、画像や動画を使って住宅のデザインの流れを紹介したりしているところもあります。そのため、オリジナリティあふれる注文住宅を建てたい場合には、早いうちからそれぞれの建築士の特徴をよく理解して、余裕をもって打ち合わせを始めるのがポイントです。また、世界的に知名度が高い建築士はデザインの依頼ができるまでに時間が掛かることもあるため注意しましょう。

各所にこだわると高額なデザイン料が発生することも

設計事務所で注文住宅を建てる際は、自分や家族のデザインの希望がそのまま反映されやすいという魅力があります。一方で、外観や庭、間取り、インテリアなど様々なところにこだわる場合は、デザイン料が高額になってしまうケースもあります。そうした問題を防ぐには、良心的な料金で注文住宅のデザインを請け負っている設計事務所を選ぶのはもちろんのこと、早い時期から将来のローン返済の負担を考慮しながら注文住宅の購入計画を立てることが重要です。顧客対応が良い設計事務所の中には、対面やオンラインで担当の建築士が無料でデザイン料の見積もりを出してくれるところや、予算の範囲内で対応できるデザインを提案してくれるところもあります。

設計事務所は、一般の消費者や事業者から依頼を受けて住宅やテナントの施工、デザインを請け負ったり、リフォームの相談に応じたりと幅広く対応しています。